子どもにとって席替えはとてもワクワクするものですね。私も小学生の頃、あの人と一緒に座れたらいいな、こんな席だったらいいのになと思いながら、おまじないなんかもしたものです。 MacBook Airと、Surface Pro、Chromebookはどれが便利?. 筆者は東京都内の私立中高一貫校で教員として勤務しています。勤務校にはさまざまなコースが設定されており、それぞれのコースや入学段階での最適な端末を選択してきました。その結果、現在では他に類を見ないほどの複数の端末を扱う学校になりました。 Japan Windows Blog 2020/02/4 ・端末やLAN整備の仕様書を公表 【必読】今こそ日本全体でGIGAスクール構想を実現するとき!令和2年度補正予算を徹底解説(2020年5月最新版), 【GIGAスクール構想】ICT環境整備の重要ポイントとは?端末や校内LAN、家庭利用のWi-Fiルーターまで徹底解説(2020年6月最新版), 学校現場ではGIGAスクール構想や新学習指導要領の実施、そして今回の新型コロナウイルスによる学校休校など、多大なる変化と対応を求められていることと思います。 子ども達の為のGIGAスクール構想と思われがちですが、教員の為のGIGAスクール構想でもあります。, (※4) 教務系(成績処理、出欠管理、時数管理等)、保健系(健康診断票、保健室来室管理等)、学籍系(指導要録 等)、学校事務系など統合した機能を有しているシステム, ▼クラウド活用を前提にクラウド利用や事業者が配慮すべき事項の追加など、セキュリティポリシーガイドラインも改訂, 20年度に小学校で新学習指導要領が導入されましたが、実施を見据えて2018年度に策定されたのが、教育のICT化に向けた「環境整備5か年計画」です。ここに定められている環境整備の水準は、学習者用端末を3クラスに1クラス分、授業を担当する教師1人1台の導入。そして大型提示装置を各普通教室に1台、高速インターネット及び無線LANと統合型校務支援システムを100%整備し、ICT支援員は4校に1人配置するとされています。, 教育のICT化に向けた環境整備5か年計画(2018~2022年度) (文部科学省)より引用, それと同時並行でGIGAスクール構想は行われており、5か年計画が完了する2022年度には3クラスで1クラス分の学習用端末を、2023年度には1人1台にすることで、子ども達の力を最大限に引き出すためのICT教育が可能になり、誰一人取り残すことのない公正に個別最適化され創造性を育む教育を、全国の学校現場で持続的に実現させていくと掲げています。, しかし、冒頭でもお伝えしたように、今回の新型コロナウイルス感染拡大による臨時休校が長期化し教育課程の実施に支障が生じる事態に備え、今回のような事態にも対応可能な遠隔教育など、Society 5.0の実現を加速していくことが急務となりました。 「民間等の外部支援により導入・利活用加速」 GIGAスクール構想が文部科学省から打ち出され、それに合わせてタブレット学習機を用意しようという学校が多いと思います。私の学校でも今大急ぎでその動きを始めています。, ただ、あまり知識がないとどのタブレットを導入すればいいか、そしてどのように運用をしていけばいいのか、不透明な学校が多いのではないかと思います。, 私は、以前からこういったガジェットなどに興味があり、授業の中でも様々な端末を活用してきました。, iPad(iOS機) Windows機 Chrome book(Android)機, まずは、おそらく学校で導入されているタブレットとしては、一番数が多いであろうiPadからメリット、デメリットを上げていきます。, もうそのままです。おそらくGoogleで「iPad 学校 導入例」とか「iPad 学校 実践」などと検索をすると、それはそれはたくさんの導入例などを確認することができます。, そのために、すでに導入されている学校の事例を聞くことなどもでき、実際に自分の学校にそれが合うかどうか検討することができます。, 今回比較対象としている、「Windows機」「Android機」はそれぞれ、OSを作っている会社とタブレット本体を製造している会社が基本的には違います。(WindowsのSurfaceなどは除く), そのため、先日のHuaweiのように、突然Google Playの使用ができなくなったり、OSのアップデートがサポートされなかったりする可能性があります。, その分、iPadはApple社がOS、ハード共に作っているので、突然のサポート終了ということは考えづらいです。今年サポートが終了した、Windows 7のように長年使用し続けていると流石にサポート終了してOSアップデートもなくなってしまいますけどね。, これも大きな利点です。まず初めに話題に上がるのがおそらく「ロイロノート・スクール」だと思います。, こちらのアプリは、写真やスクリーンショット、手描きのカードなどを繋げて、プレゼンテーションを行ったり、ディスカッションをしたりすることができます。, その中でも、シンキングツールの利用が容易にでき、これにより子どもたちの考えもよりまとまりやすくなります。, もちろん、Android、Windowsでも提供されていますが、使用してみた感じ、シンキングツールに対応していない、エラーによる強制終了が起きやすいなどの欠点があります。, 他にも、日本インフォメーション株式会社様が作成されている、ACシリーズ(アシストクラス)などもとても有用です。, 他に学校に役に立つアプリの紹介を↓の記事で行っているので、合わせて見ていただけると幸いです。, 私も学校でiPadを活用していますが、メモは全てこれで完結しますし、授業の記録もこれがあるととても捗ります。, 子どもたち1人1台iPadがあったら、私だったら子どもたちのノートを電子化したいなと思っています。, 最近のタブレットやパソコン、テレビなども液晶画面の主流は16:9のワイド画面です。ですが、iPadは4:3のブラウン管などの頃と同じ正方形に近い比になっています。, しかし、これだとストレージが32GBしかありません。そのため、クラウドサービスを使うことがほぼ前提になってしまいます。, また前述した、Apple Pencilも買おうとすると、さらに9800円かかります。, こちらは、互換機があるので、それを利用すると3000円ほどで買うことができますので、そちらを検討してもよいかもしれません。, その中でも一番はやはり「Surface」でしょう。しかしこれはべらぼうに高いです・・・, もし学校現場で使うのであれば、Lenovoから出ているIdeapadなどでしょうか。それではメリットとデメリットをまとめていきます。, おそらく学校の現場でもプリントなどはパソコンで作ることが多いのではないかと思います。使用しているパソコンはWindowsが多いと思います。, Windowsのパソコンは日常的に使用している人も多いと思います。そのため、教員がまず使い始めたときに、使い慣れている人が多いというのは大きな利点だと思います。, OfficeもWindowsもどっちもMicrosoftが作っています。そのため、Officeを使用するのであれば、Windowsタブレットはとても使いやすいです。, 例えばPowerpointを使って自己紹介を作ったり、Wordを使って壁新聞を作ったり、Excelでグラフを作ったり・・・, iPad、Android用のOfficeも存在するのですが、やはりWindowsで使うのが一番使いやすいと感じます。, 私は教材のほぼ全てをWordで作成しています。そのため、子どもたちのタブレットがWindowsだったらそれをそのまま使うことができます。, とはいえ、pdf化してしまうなど、iPadであっても対応する方法はあるので、大きな利点とはいえないかもしれません。, もともとパソコン用のOSですから、導入費用は高いです。おそらくWindowsを搭載しているというだけで、価格がかなり高くなります。例えば先程挙げたSurfaceは100000円近くですし、少し価格を抑えられるIdeapadでも45000円です。それでいて性能はiPadのほうが上です。, 安いものもありますが、それを買うと、安物買いの銭失いにつながりかねないので、あまりお勧めできません。, 私は小学生の頃からWin95を使っているほどMicrosoftラバーです。今もパソコン=Windowsです。ですが、タブレットとなると話は別です。, Win8の頃から、タブレット端末が流行り始め、インターフェースをタブレット向けにしましたが、そのせいで、パソコンとしては使いづらくなってしまいました。, Win10では、タブレットモードを搭載したので、それは解消しましたが、このタブレットモードが使いづらい・・・, フォルダ構造とかがあるのがWindowsの利点だと思うのですが、そこら辺もわかりづらく、また、一つの画面に一つのプログラムしか出せなくなるので、マルチタスキングもし辛くなります。, もちろんないわけではないですが、「使いたいな!」と思うものがあまりありません。そのため、私が使っていた時は汎用的に使えるOfficeなどをうまく活用していくような形になりました。, 私のスマートフォンはAndroidです。iPhoneより、やりたいなと思うことが実現できることが多いためです。特に、ウィジェットの機能は私にとっては欠かせないものとなっています。さて、それでは教育現場的にはどうでしょうか。, また、GIGAスクール構想対応のChrome bookのレビューを下記にしましたので、合わせて見ていただければ幸いです。, こちらは25000円ほどで導入可能です。少々ストレージが小さいかとも思いますが、タブレット本体がこの価格で導入ができるのは大変魅力的です。, これも大きな魅力です。家電量販店に行くとAndroidを搭載しているタブレットはそれこそたくさんあります。, iPadでアプリを入れる際にはApp storeを使用しますが、有用なアプリは有料のものが多いです。それに対してAndroidはアプリの数がまずとにかく多いのに加えて有用なアプリも無料で提供しているものが多かった印象です。, これが一番大きな問題ではないかと思います。Android搭載スマートフォンにも言えることですが、OSのアップデートが出た際に、それに対応してくれるかどうかはメーカーがそれに対応したアップデートを出してくれるか次第です。, そのため、場合によっては新しいものでもアップデートがなされない可能性もなくはありません。, 例えば、ロイロノートはiPad用のアプリもあれば、Android用のアプリもあります。, ただ、前述したようにシンキングツールを使うアップデートは今の所iPad用アプリにしか提供されていません。, 他にも、教育用のアプリは両方に対応しているものもあれば、iPadにしか対応していないものも少なくありません。これが後述する内容になります。, 例えばiPadで書いたACシリーズも現状はiPadアプリでしか提供がされていません。, もっとよく探せばAndroidのみで提供されているものがあったり、Androidならではのアプリがあるのかもしれませんが、現状は見つけることができませんでした。, 以上を踏まえまして、私が学校で使用するのであれば、やはり「iPad」を選択します。, いかがだったでしょうか。今回は、私が使用したタブレット端末から教員という立場から見た導入すべきタブレットについて記事にしていきました。, 以上は、あくまで「私だったらこうする」というものです。一つの参考になったら幸いです。, また、次回は、「自分だったらこういう形でタブレットを導入していく」ということを記事にしたいと思います。またお付き合いいただけたら幸いです。, それでは 本日の記事はここまでです。 それではいつものように、今回の記事が参考になったと思われた方、応援してくれる方は、励みになりますので、もしよろしければfacebookやtwitterでのリンクのシェアをお願いします。, […] 【徹底比較】学校で導入すべきタブレット機種、iPad VS Windows機 VS Android機 […], 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 2011年4月から小学校教員として働き始める。今年度(2020年度)で10年目。 「全ての教職員がすぐ使えるように」 1月28日にhpに公開された「(事務連絡)令和元年度補正予算案「gigaスクール構想の実現」に関する説明資料」によると、各osごとに学習用ツールのライセンスも利用することも可としていま … ・ICTを活用した効果的な学習活動の例を提示, 4、関係省庁の施策との連携 Education 事業部 お問い合わせ窓口 お問い合わせサイト:https://master-education.jp/contact/, <MASTER EDUCATION> そのために「gigaスクール構想の実現」の令和元年度補正予算として2,318億円の予算を予定してます。 そして「1人1台端末の整備事業」で交付される、国公立の学校への 補助金がパソコン1台につき費用の100%(上限4.5万円) となってます。 【完全無料】数量限定!「GIGAスクール構想実現ガイド」特別版を全国どこでもプレゼント!, GIGAスクール構想とは、一言で言うと「児童生徒向けの1人1台端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備し、多様な子どもたちを誰一人取り残すことのなく、公正に個別最適化された創造性を育む教育を、全国の学校現場で持続的に実現させる構想」です。GIGAとはGlobal and Innovation Gateway for Allの略。, Society 5.0(※1)時代を生きる子ども達にとって、教育におけるICTを基盤とした先端技術の活用は必須です。また、変化の激しい時代を生き抜くには従来の一斉教育だけではなく、多様な子ども達を誰一人取り残すことのない、個別最適化された創造性を育む教育の実現が重要であり、ICT教育で次世代の人材を育てる必要があります。これらを持続的に実現させる構想がGIGAスクール構想です。, (※1) 狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く新たな社会として、サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する人間中心の社会。, 【概要】新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ) (文部科学省)より引用, 文部科学省の調査によると、2020年3月時点での学校現場における学習者用端末の導入台数は児童生徒5.4人に1台程度と日本の学校ICT環境の整備は遅れており、自治体間の格差も大きいのが現状です。令和時代のスタンダードな学校教育像である「子ども達への公正に個別最適化され創造性を育む教育」の実現には、全国一律のICT環境の整備が急務となっています。この課題に対し、文部科学省では、2023年度までに義務教育段階にある小学1年生から中学3年生の児童生徒向け学習用端末を1人1台導入し(※2)、端末を同時接続しても不具合の起きない、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備し(※3)、資金面も補助するとしています。, “児童生徒向け1人1台端末”と”高速大容量の通信ネットワーク”という「ハード」は、あくまで土台であり、車で言う車体部分。車体だけで車は走れないように、GIGAスクール構想の実現には「ソフト」と「指導体制」という両輪があって初めて動き・加速できます。, 両輪のひとつである「ソフト」とは、デジタル教科書や教材などのデジタルコンテンツや、個人の学力に合わせて提示されるAIドリルなど先端技術を活用したもので、デジタルならではの学びの充実を図ります。もう一方の「指導体制」とは、ICT活用教育アドバイザーによる説明会やワークショップの開催、民間企業の外部人材によるICT支援員など、日常的にICTを活用できる為の体制を指します。 ・十分なスペックの端末を学習者へ提供 んー、そのギガも兼ねてると思うんやけど、Global and Innovation Gateway for Allの略なんです。日本語に直訳すると「全ての人のための地球規模かつ革新的な入り口」なんです。(直訳すると余計わかりにくい), 簡単に言えば、児童生徒1人1台のデバイスを持たせて授業しましょう。って言うことですよね。, 国から児童生徒1人あたり最大4.5万円の予算をあげるので、各自治体でなんとかICT教育をしてくださいと言うことです。, 「iPadかなー?Windows PCかなー?タブレットの方がいいかなー?Macってかっこいいよなー。Chromebook?聞いたことねえよ。結局どれにしたらいいか分かんね。。。」, まずは金額から。(本来は「子どもたちにつけさせたい力」から逆算して考えなければならないのですが、金額で大枠が決まるので), 文科省から提示されている資料には「5万円程度」とあります。ここでMacは瞬殺されます。, 文科省が提示しているモデルには「Bluetoothでないハードキーボード」とあります。iPadは純正のSmartKeyboardを付ける必要がありそうです。(個人的にはなくてもいいと思いますが), なので、実質、iPadか、安いWindows PC/タブレット、それとChromebookの3つに絞られます。(文科省も結局この3つに絞って導入モデルを提示しています), 「iPad(第7世代)+SmartKeyboard」 vs. 「Chromebook NEC Y1 Gen2」 vs. 「Windowsタブレット富士通Q508/SE」, 起動/シャットダウン時間はiPadが最速です。そもそもiPadは待機電力にも優れていて電源をオフにすることもあんまりないと思うので、ほとんど問題になりません。Chromebookも画面を開くとすぐ起動という感じです。Windowsは、調べたいものがあってもなかなか立ち上がらない、結局電子辞書で調べている、なんてこともあります。, 本体価格は、iPadが最安値ですが、SmartKeyboardを別途付けると考えるとChromebookに軍配が上がると思います。Windowsは本体+キーボードでChromebookと同程度の価格だと思いますが、Windowsの場合あれやこれやと後載せでお金がかかります。後でも書きますが、ウイルス対策ソフト、OSアップデート、初期化するためのUSBメモリなど。, 動作は、iPadのサクサク感にはかないません。Chromebookもネット環境が良ければ問題ないレベル。Windowsはモッサリ。5万円程度のマシン、CPUがCeleron、メモリ4GBでは辛い。, バッテリーは、iPadが長持ち。Chromebookも同レベル。ですが待機電力がiPadの方が優れています。Windowsはカタログ値絶対無理です。カタログ値の半分以下と考えておきましょう。, 持ち運びは、iPadが一番薄くて軽いです。ChromebookとWindowsは同等。, 教育観のアップデートを目的に、国際エデュテイメント協会では、この度、アウトプット型オンラインサロン「Teacher 2.0」の提供を開始しました。 サロンでは毎月、全国の先進的な取り組みをされている先生や、各分野の専門家や教育関連企業の方々をメンターとしてお招きします。 参加者は、毎週配信される課題について自身の考えを整理し、サロン内に投稿していただき、互いにフィードバックし合うことで、教育に対する知見を深めることができます。 オンラインサロンメンバーは、毎月開催されるメンターによるオンランセミナーに無料で参加できます。また、定期的に開かれるフリートーク座談会にもご参加いただけます。 全国の志の高い仲間と繋がることで、これからの教育をアップデートしていきましょう。▼Teacher 2.0の詳細はこちらをご覧くださいhttps://www.iueo.or.jp/salon, G Suite for EducationまたはGoogle,Chromeのnote, GIGAスクール構想。Windows, iPad, Chromebook結局どれ?, 公立中→私立中高→国際エデュテイメント協会ICT戦略推進担当 / キャリア教育,英語教育,ICT教育など主に教育のためのnoteを綴って参ります / フォローお願いします。コメント・お返事します / 教育オンラインサロン『Teacher2.0』運営中. 2020-03-18, 文部科学省GIGAスクール構想の実現標準仕様書は、3OS(Windows10Pro・Chrome OS・iPad OS)で記述されており、各社からその対応機種が発表されている。, ベンチマーク上の比較ポイントはおもに ① ハードウェア/OSに依拠するもの ② OSに依存しないクラウド上の学習ツールによるもの ③ MDM(Mobile Device Management)等機材資産運用管理ツールの3点が考えられる。 本ベンチマーク集中テストは①および②の一部を扱う。, 集中テスト1回目は、いずれも3月6~13日に各社からテスト機貸与を受けたか、米国からの同系列機種購入によるもの12機種を対象とした(全機種ではないので念のため)。なお、対照参考機種として性能の高い CPU(Core-i5 8365U)を搭載したChromeOS/Windows10Pro機(いずれもDell製)のテストを並行して行っており、資料にも参考値として記載した。, 集中テストは国際大学GLOCOMにて実施、計測プログラム開発・実査にあたっては、株式会社アウスタの大谷友次郎氏・髙橋直秀氏、GLOCOM小林奈穂研究員の協力を得た。, Powered by  - Designed with the Hueman theme, GIGAスクール構想対象機種ベンチマークVer.1(PDF)のダウンロードはこちら. https://master-education.jp/, Chromebook や G Suite for Education に関するご相談はお気軽に, Chromebook の使い方G Suite for Education の使い方Google for Education ニュースコラム, 当サイトを運営する株式会社ストリートスマートは、2017年に Google for Education Professional Development Partner(PDパートナー)に認定されました。そして、これまでの教育機関への総合的なICT導入支援実績が認められ、2020年に国内で初めて Transformation (変革)分野のエキスパートとして Google より認定されました。. ・「教育の情報化に関する手引」を公表 そもそも、”GIGAスクール構想”とは何か?について調べて紹介しようと思っていましたが…お役所の資料の何と読みにくくわかりにくいこと(笑) 「クラウド活用により使いやすい環境へ」 文科省が発表したGIGAスクール構想に準拠したPCをまとめました。小学生・中学生が使うのにおすすめのパソコン・タブレット端末とは。Windows10、GoogleクロームOS仕様。 ある程度の機種が揃ってきましたので、今回は“GIGAスクール構想”に準拠するChromebookのまとめていきます。. 1月28日にhpに公開された「(事務連絡)令和元年度補正予算案「gigaスクール構想の実現」に関する説明資料」によると、各osごとに学習用ツールのライセンスも利用することも可としていま … iPadをより便利に使うための機能に「Split view」と「Slide over」と呼ばれる機能があります。 , ▼併せてこちらもご覧ください Q. GIGAスクールパッケージは性能低くても問題ない? A. copyright © 株式会社ストリートスマート All Rights Reserved. ・校内LANなど通信環境無償提供 ハード、そしてソフトと指導体制という3つが一体となり、取組みを加速していきます。, 「児童生徒1人1台コンピュータ」の実現を見据えた施策パッケージ (文部科学省)より引用, 文部科学省が全国の学校に対し提示したGIGAスクール構想ではありますが、あくまで主体的に進めていくのは各自治体となります。そうすると「どんな端末を使用したらいいのか?」「LAN整備は何をしたらいいのか?」といった最初の一歩でつまずき、対応が後手後手になることが想定されます。そこで文部科学省では、GIGAスクール構想の実現パッケージとして、下の5つを示しています。, 1、環境整備の標準仕様書例示と調達改革 GIGA スクールの台風の目になるのは、間違いなくGoogleだろう。 今後の予想 ここまで書いてきたとおり、 シェア を守ろうと 必死 な Microsoft と、 シェア 拡大を狙う Google の構図が中心で、 Apple は、少し離れたところで 現在 の シェア を維持する形になるだろう。 今までパソコン教室などに整備してきたOSであること、教員用で整備しているパソコンのOSであることなどを踏まえると、スムーズに導入できる, ・フルクラウドで、すべてのデータはクラウド上に保存されるため、万が一端末が破損しても、速やかにリカバリができる. GIGAスクール構想が文部科学省から打ち出され、それに合わせてタブレット学習機を用意しようという学校が多いと思います。私の学校でも今大急ぎでその動きを始めています。 ただ、あまり知識がないとどのタブレットを導入すればいいか、そしてどのように運用をしていけばいいのか、不透明な学校が多いのではないかと思います。 私は、以前からこういったガジェットなどに興味があり、授業の中でも様々な端末を活用して … クラウドサービスである、統合型校務支援システム(※4)をはじめとしたICT導入・運用を加速していくことで、例えば名簿や出欠管理、授業の準備や成績処理などの校務の負担を大幅に軽減することができ、教員の働き方改革にも繋がります。 様々な場面に活用されるiPadですが、汎用性が高く何でもできる反面、アプリを入れないとその魅力は半減してしまいます。まずは「便利なアプリを知ること」が「iPadの活用」に繋がります。この記事では、汎用性の高いアプリを紹介し... 【GIGAスクール構想】Chrome book acer Spin 311を学校教員がレビュー. ・経済産業省:EdTech導入実証事業、学びと社会の連携促進事業, 5、民間企業等からの支援協力募集 弊社は 、Google 認定の Google for Education Professional Development Partner(専門的能力開発パートナー企業:「PDパートナー」)として、教員の皆様が効率的かつ負担なくGIGAスクール構想を推進できるよう、学校常駐型のICT総合支援員や各種研修など、ICTの導入から活用推進まで様々なアプローチで教員の皆さまに寄り添った支援を行っております。 自分自身の備忘録としての授業実践を記録しながら、他の先生方に役立つ授業実践の情報が提供できたらと考えてブログを開設しました。.

少女時代 ライブ やる気 ない 5, うつ病 彼氏 連絡 きた 9, 押入れ 中段 半分 10, Aquos R2 Apn設定 4, ドラクエ10 おすすめ職業 バージョン5 5, 90年代 ドラマ 俳優 5, Princeton モニター 高さ調整 9, Microsoft Stream 共有 7, 告白 呼び出し 前日 55, バイク 服装 安全 4, Dish 僕たちがやりました Zip 11, Vba 日付 認識 15, 陸運局 休憩 時間 12, 彼氏 未読無視 放置 7, Wps Spreadsheets 印刷プレビュー 4, リコー 早期退職 退職金 22, 弘 益 大学偏差値 5, Bs 映るけど録画できない パナソニック 4, 介護福祉士 過去 問 ユーキャン 5, Iphone アプリ 雲マーク 再ダウンロード 24, Xz3 勝手に 起動 7, スケーリング ボタンを表示する Zenfone 5,